カタナ: フュージョン料理を試す理由

料理人が多すぎるとスープがなると言われていますが、フュージョン料理は調理法が多すぎて料理を作るだけですより風味豊かに、独特の味わいに。

融合は、異なる種類の物質をブレンドして別の物質を形成するプロセスとして定義されます。フュージョンクッキングは、シェフが別の料理で通常使用する食材を使用して、1 つの料理で異なる味を作り出すために使用されるテクニックです。 

多くの場合、シェフの料理のスタイルは、文化的背景や現在の好みに影響されます。たとえば、カタナは、本格的な日本料理、タイ料理、ミックス料理を提供するタイの日本食レストランです。

フュージョン料理の誕生に融合

ニューヨーク タイムズの記事によると、異なる文化の食材を 1 つのレシピするというアイデアは、大陸間の貿易が開始された結果である可能性があります。たとえば、中国人は、トマトソースのイタリアンスパゲッティの前に、すでにあらゆる種類の麺を食べていました。

実は、航海者のマルコ・ポーロが中国からイタリアにパスタの概念をもたらしたと言われています。彼の旅行本には、小麦粉を作るために使用できる大麦に似た植物についての短い一節があります。

移住はまた、さまざまな大陸に食べ物と料理をもたらしました。さまざまな民族グループの人々が、自分たちの料理をコミュニティと共有して生計を立て始めました。この慣習は、後に移民にとって収益性の高いレストラン ビジネスになりました。

新しいフュージョン トレンドはマッシュアップ マッシュ

アップは、ファーストフード文化の結果として主流の人気を集めている新しいフュージョン トレンドです。これらは、新しいものを形成するために結合された 2 つの異なる食品の概念です。いくつかの例には、クロナッツ、ピザ ハンバーガー、アイスクリーム サンドイッチが含まれます。リストは続きます。これらは外出先で食べることができるため、通常、クイックサービスのレストランで見られます。

この傾向は、スケジュールの厳しい都市労働者にとって特に良いことです。これで、野菜、炭水化物、タンパク質など、すべてが載った朝食用サンドイッチを手に入れることができます。スムージーのテイクアウトでは、朝食を液体の形で提供することもできます。 

フュージョン料理の良いところは、さまざまな文化や場所の味をあらゆる種類の人々に提供できることです。また、手頃な価格で便利なファーストフードの食事を作りました。 

フュージョン料理はレストラン ビジネスを推進するだけでなく、その人気が継続することで、文化的受容を促進する新しい料理の概念を生み出すようシェフに刺激を与えます。日本料理を提供するタイの日本食レストランは、フュージョン料理が風味をミックスするだけでなく、2 つの異なる文化の架け橋となる例です。

フュージョン料理は、他のあらゆる場所で食品の概念に影響を与えてきました。異国に行くと、きっとその土地ならではのアレンジを加えた自分好みの料理が見つかるはずです。唐揚げは唐揚げ、中華炒めはパッタイ、餃子は餃子で注文できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Theme: Overlay by Kaira
Copyright katanabkk.com All rights reserved.