について知っておくべき適切な日本食のエチケット

日本の文化は、豊かでユニークで、東アジアで最も古いものの1つです。日本の文化で最も注目に値することの1つは、その食のエチケットです。フォーマルでもインフォーマルでも、日本人には特別な食べ方や楽しみ方があります。 

彼らは古代から続いてきた特定のエチケットに従って食事をします。旅行のために日本を訪れる予定で、食事のエチケットで地元の人々に印象を与えたい場合は、次のことを行う必要があります。 

日本人は座席の配置を非常に重要視しています 

日本では、人々は特定の座席に従います食べながらのアレンジ。通常、日本人は食事を取り、畳と呼ばれるマットクッションを使って床に座ります。正式なイベントでは、彼らは「正座」と呼ばれる座り方に従い、人々はかかとと足を押し込んで座ります。

この座り方は不快かもしれませんが、それは何千年もの間日本の文化に存在してきた習慣です。ホストが「快適になるかもしれない」と宣言すると、男性の場合は足を組んで、女性の場合は足を横に押し込んで座ることができます。 

テーブルの真ん中に、ホストまたは最も重要なゲストが着席します。一方、2番目に重要なのは次の席になります。座席の配置は、テーブルの最も重要でないメンバーまで続きます。 

箸が口から届かないように 

日本食レストランで食事をするときは、箸が口から届かないように注意してください。あなたが食べているとき、箸のレベルはあなたの口と同じレベルでなければなりません。日本では、道具を口の上に置くことは常に不適切であると考えられています。さらに、これはあなたのゲストにとって失礼であると考えられているので、あまり速く食べないでください。

お箸をお椀に乗せるのは失礼ですはお箸をお椀に乗せるのは 

他の国で普通だと思っていますが、日本では食事のマナー違反とされています。日本食レストランで食事をするときは、箸置きのボウルの横に箸を置きます。休憩がない場合は、器具をラッパーまたはティッシュの上に置きます。

は常に高く評価されています 

丸呑み他の国では、丸呑みは失礼と見なされるかもしれませんが、日本では、それは常にホストへの感謝のしるしです。スープを食べたり飲んだりしているときに丸呑みすることは、あなたがあなたに提供された食事に感謝したことを意味します。だから、もしあなたがあなたのホストを感動させたいなら、あなたの麺を冷やしてあなたの麺を丸呑みにしてください。 

醤油の使用量に注意してください醤油を使用 

する場合は、使用量に注意してください。使用量が多すぎると、テーブルの他の人の気分を害する可能性があります。もっと欲しい場合は、皿の横に置いた小さなボウルを丁寧に補充してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Theme: Overlay by Kaira
Copyright katanabkk.com All rights reserved.