カタナ:日本食のエチケット

カタナ:日本食のエチケット

日本は、その豊かな歴史と素晴らしい観光地で、世界で最も先進国の1つです。世界中から何百万人もの人々が日本を訪れ、その驚異を体験します。彼らが楽しみにしていることの一つは食べ物です。 

日本の食べ物は驚異的ですが、あなたもその役割を果たし、地元の人々と一体になる必要があります。きちんと食べる方法がわからないと、親指のように突き出る可能性があります。だから、あなたが始めるために基本的な日本の食事のエチケットのこのリストをチェックしてください。 

箸をきちんと使う
日本に行くと、すべてのレストランがスプーンやフォークを提供できるわけではありません。箸の使い方を学ぶ必要があるのはこのためです。旅行に行く前に、ご飯や豚肉を拾う練習をして、コツをつかんでみてください。そうすれば、他の道具を求めたり、自分で持ってくる必要はありません。 

地元の人も箸を尊重して扱います。彼らはあなたがあなたの食べ物を扱う方法があなたがどんな人であるかを反映していると信じています。ですから、お箸を食べ物の上に置いたり、ボウルに入れたままにしないでください。代わりに、それらを一緒に保ち、ダイニングステーションの横に置いておきます。 

感謝の気持ちがカギ感謝の気持ちを
食事の前後に表すことは必須であり、日本人レストランで食事をする人なら誰でもこれをよく目にします。食べ物とそれを作った人たちに感謝しているので、食べる前に「いただきます」と言うのが通例です。 

逆に、食べ終わったら「ごちそう様」という言葉を覚えておいてください。これは、料理の材料に対する感謝の形です。あなたの食べ物はさまざまな生命の源から来ました、そしてそれらはすべてあなたの前にプレートを作るために集まりました。 

丸呑みは敬意を表する
世界の他のほとんどの地域で食事をする場合、食事中に騒がしいことは失礼と見なされます。しかし、日本ではそうではありません。ラーメンやスープなどを食べるときは、丸呑みすることをお勧めします。これは、あなたが料理を楽しんでいて、シェフに褒め言葉を払っていることを意味します。 

ただし、ノイズに関してはまだ境界があることを忘れないでください。丸呑みするのはまったく問題ありませんが、テーブルの上の皿、ボウル、その他の道具であまり音を立てないでください。大声で話すことも同様に眉をひそめます。 

丼を
持って日本食レストランで食事をするときは、鋼の丼にご飯が入っている可能性があります。食事中は利き手ではない手でこれを持ち上げる必要があり、利き手は箸を持ちます。ご飯に肉や野菜を混ぜないでください。地元の人々は通常、小瓶を一口食べて、それに続いてご飯を少し一口食べます。 

テーブルの上にひじがない
レストランでゲストや他の人と食事をするときは、常にひじをテーブルから離しておくことを忘れないでください。これはあなたが退屈していて、あなたが食べ物に興味がないという印象を与えるかもしれません。代わりに前腕をテーブルに置くと、食べやすくなります。 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Theme: Overlay by Kaira
Copyright katanabkk.com All rights reserved.